カズハーモニーの風景  THE SCENE   


東和の里山・・・そこにカズハーモニーは出会った

  待っていてくれた





2009年 原野を開墾し、オオカミに一息で吹っ飛ばされそうな納屋を創り、土地創りが始まった

畑を耕し、ミツバチの箱を創り、果樹を植え、時には沢の水で喉を潤い・・・
2011年 震災  足は一時止まった



2013年 再び


いよいよ自宅兼リトリートハウスの計画が決まった。重機をリースして宅地を整地、やっちゃえ〜ぃ!



カズハーモニーには1500坪ほどの山林があり、樹齢70年前後の杉が180本ほど植えられていた。
この杉たちを見ていると日本の山林の課題、これからの地方の在り様を考えさせられる。
山から海へミネラルたっぷりの美しい水を流そう

ここで育った木(氣)はここで全うする

知り合い二人の樵職人さんに伐採をお願いした。この一本は大黒柱にと直感!自分で!

冬の新月伐採、葉枯らし乾燥120日、天日乾燥・・・連絡も情報も移動もあまりにも早すぎるこの頃
目の前には、足元にはしっかりと美しい命と豊かさが確かにある


建物の設計は出来上がっていたので、柱や梁の木取りをしながらの採材

2014年 構造材と直に触れる床材の90%はここの杉になった



板張りまでは大工さん、そこから風呂創りに挑戦
       
メッシュを引き手練りで増しコン、鉄筋を打ち込み、回し、ブロックを組み、仕上げは十和田石をサンダーで加工し貼って目地詰め。
風呂は言うまでもなくとっても大事。相当大変でした(汗)


そして漆喰塗りにも挑戦

        
パテ埋め、下地材から鏝を使い仕上げの無添加「特級眞白壁」
息子も手伝ってくれた(遊んで?くれた)


2014年12月 もうすぐ除夜の鐘が鳴る数日前に引っ越し
   
あの大黒柱は凛と家を支えており、天窓から差す光は漆喰の白壁をよりいっそう白く、杉の床をやわらかく撫でている
いわゆる自然素材の建物
お風呂は・・・どうぞ入りにいらして下さい♪


磁場活性

磁場活性・・・この土地(場)・この建物をいっそうイヤシロチ化にしたいので、水晶を土地の4隅と真ん中に埋め、
建物基礎の4隅と真ん中、それに通ずる屋根裏に一か所に設置した。尚ゼロリングで強く反応出たところにも炭と一緒に設置(埋炭)した。
水晶と炭は気持ちいい、心地よくしてくれる。




里山で暮らし 美しい農を求め 暮らしの豊かさに触れる 生命が愛おしい
     
 手仕事が自然に湧き上がる 身体が喜ぶ 心が豊かになる


 
おっかぁの手創りタルトとシュトーレン





  〜 薪ストーブを愉しむ会 〜

      
 

       


半断食、整体個人指導、マクロビオティックヨガに参加してくれた方々が集まり音楽聴きながらのお茶会。焔を眺めながらこれからの里山・地方の在り様を供に考え、
暮らしを想い、ゆっくりとれない交流の場を創り、まったりくつろぐ。そんな時空を毎年1・2月の日曜日に当てようかな・・・





松下とウェスタンの真空管アンプとLE8Tスピーカーでレコードを聴く 

幼少のころからテレビがあまり好きではなく、我が家には今のところテレビというものはない。音楽をよく聴いている。
クラシック、ジャズ、ブルース、キューバ、ラテン、ジプシー、ケルト、ロック・・・どのジャンルもいいものはいい!

スマートフォンや
Ipod何やら音楽の情報は凄まじい。基本的に何でもいいのだが、
CDも聴く時はあるがレコードはとっても心地よい。
だからレコードになってしまう。豊かになるかから薪ストーブになってしまう。美味しいから火で料理したくなる・・・というように。
ここ宮城県北と岩手南部に有名なジャズ喫茶がある。
佐沼ELVINと一関basie
20代初めから仙台のジャズ喫茶に通い始めこの地方で最高の出会い。
音楽はいい。

そして日中そとで鳥たちの声と合唱が始まると、私はオーディオの電源を消しに行く,
       最高のライヴを聴く為に
・・・。



       無垢の杉板に囲まれたロフトでの瞑想もいい
           



        木々たちの奏でる 調べ

鍵盤からそよぐ 木の葉の様

いつしか溶け合い 音となり

自然に漂っていた              



 静・・・外では小動物の足音 沢の流れ



この里山の村の上流にカズハーモニーはある。敷地内に沢が流れている。






   輝きが生まれた        その和を知って    ある日の遅い朝






 
    
トップ コンセプト 半断食リトリート 整体個人指導 マクロビオティックヨガ  
   
    カズハーモニーの風景
 プロフィール アクセス お問い合わせ・お申し込み